宿泊約款


◆ 第1条 - 約款の適用(範囲) 

1)宿泊約款とその他ホテルと結んだ関連協定は、条項により、約款に明示されていない条項は法と慣行に従わなければなりません。

2)クレジットカードで予約した場合、本約款に従わなければなりません。細部事項はホテルとクレジットカード会社が結んだ協約に従わなければなりません。

3) 上記の条項だけでなく、ホテルは約款、法律と慣行に反さない範囲で必要な協定を結ぶことができます。


◆ 第2条 - 宿泊要請の拒否

1) ホテルは次の場合、宿泊の提供を拒否できます。

①宿泊要請が約款に含まれていない場合

②ホテル(宿舎)がすべて予約されて予約できる部屋がない場合

③宿泊を望むお客様が規定または法令に明示された事項に違反する方法で宿舎を利用したり、他のお客様に迷惑をかける懸念がある場合

④宿泊を望むお客様が伝染病にかかっている場合

⑤宿泊を望むお客様が不法麻薬を所持していたり、ペットを連れてきた場合

⑥ホテルが自然災害、施設の破損、または他のやむを得ない理由で宿泊を提供することができない場合

⑦宿泊要請が大韓民国の法令に合わない場合


◆ 第3条 - 身分確認

1)ホテルが客室を利用する一日前に宿泊要請を受けた場合、予約をするお客様に決まった期間内に次の事項を明らかにすることを要請できます。

①宿泊を要請するお客様の名前、性別、国籍と職業

②その他ホテルが必要とする事項


◆ 第4条 - 保証金

1) ホテルが宿泊予約の要請を受け入れた場合、お客様から予約保証金を受け取った時のみ、予約が保証されます。

2) 現金決済でないクレジットカードで保証金を支払った場合、予約が保証されます。

3) クレジットカードで客室を予約した場合、予約を保証するためにクレジットカード所有者はバウチャー (宿泊券)を作成するか、クレジットカード番号を明確に作成してホテルに提示しなければなりません 。

4)ホテルの外部でチェックアウトを要請した場合、お客様は先にクレジットカードの使用に対して同意しなければなりません。

5)第5条の適用範囲に該当する場合、上記の保証金はキャンセル料金(違約金)として支払われ、残った費用は払い戻しされます。しかし、保証金なしにクレジットカードで予約した場合にはクレジットカード会社が第5条に明示されているキャンセル料金(違約金)を賦課します。

6)予約をキャンセルする場合、ホテルは予約したお客様の予約番号、日程、担当者の名前とキャンセル料金(違約金)の内訳を通知しなければなりません。


◆ 第5条 - お客様のための(お客様側)予約キャンセル。

1)予約したお客様が予約の一部または全体をキャンセルする場合、ホテルは下に明示されたとおり、キャンセルに対する料金(違約金)を請求します。しかし、本条項は到着する15日前に全体の10%までキャンセルした団体のお客様には適用されません。到着する15日前に予約をした場合、キャンセル料金(違約金)は到着日に要請される金額の一部として支払われます。

① 個人(一般)のお客様

到着する前日にキャンセルまたは到着予定日に現れなかった場合:初日客室料金の100%および以下自動キャンセル

② 団体のお客様

到着する前日にキャンセルまたは到着予定日に現れなかった場合:初日客室料金の100%および以下自動キャンセル 。 しかし、上の条件は団体予約に対する個人の協議(同意)により変更されることがあります。


◆  第6条 - ホテルによる(ホテル側)予約キャンセル

1) 別途に明示されない以上、ホテルは下の場合に宿舎予約をキャ

ンセルできます。

①第2条①~⑦項に該当する場合。

②第3条に明示された事項を知らせるよう要請したが、お客様が

決まった期間内にこれを遵守しない場合。

③ホテルで第4条1項に明示された予約保証金を要請したが、お

客様が決まった期間内にこれを支払わなかった場合。


◆ 第7条 - 予約

1) お客様は到着した当日にフロント(案内デスク)で次の事項をホテルに登録しなければなりません。

①第3条①項に明示された事項

②外国人のお客様-パスポート番号と韓国に入国した日

③韓国人のお客様-住民登録番号

④現住所、連絡先、職業と誕生日

⑤出発日時

⑥その他ホテルが必要とする事項


◆ 第8条 - チェックアウト. 

1) お客様は午後12時に部屋を空けなければなりません(チェックアウト時間)

2) 上記のチェックアウト時間以後にも客室を使う場合、ホテルは次の内容のとおり追加料金を請求できます。

①1時間当たり:10,000ウォン

②午後5時以降:1泊料金請求


◆ 第9条 - 業務(営業)時間

1) ホテル内施設の業務(営業)時間は客室に置かれているホテルサービス案内パンフレットに明示されています。


◆ 第10条 - 料金の支払

1)料金の支払は現金(現地通貨)、クレジットカード、ホテルで認証したクーポンで支払うことができます。お客様は出発時、または未収残高によるホテルの要請によりフロント(案内デスク)で支払わなければなりません。ホテルは個人小切手は受け取りません。

2) お客様が客室を使わないとしても、使用を始めた後には客室に対する料金が請求されます。


◆ 第11条 – 規定の遵守

1) お客様はホテルが規定した、ホテル内に提示されている規定を遵守しなければなりません。


◆ 第12条 - 長期宿泊(客室利用)の拒否

1) ホテルでお客様を受託しても、次の場合には該当するお客様の宿舎利用を拒否できます。

①第2条②~⑦項に該当する場合

②ホテルの規定を遵守しない場合


◆ 第13条 - ホテルの責任

1) お客様がフロント(案内デスク)で登録した時点またはお客様が客室に入った時点のうち、先に発生した時点 から宿舎に関するホテルの責任が始まり、お客様が出発して客室を出た時点で終了します。

2) ホテルはお客様がホテルの規定を遵守しないことによって発生する事故に対してはいかなる責任も負いません。

3)ホテルが保証された客室に対する予約を提供できない場合、同級ホテルの客室を準備し、直ちに該当ホテルへの交通の便、2件の長距離電話を提供し、該当ホテルの客室料金と税金を支払います。しかし、ホテルが自然災害、施設破損、またはやむを得ない理由によって宿泊を提供することができない場合には本条項は適用されません。


◆ 第14条 - 客室キーの発行および返却

1)お客様は登録時にフロント(案内デスク)で客室キーを受け取り、チェックアウト時に料金を支払ってフロント(案内デスク)に客室キーを返却します。

2) 客室キーを紛失した場合、お客様はフロント(案内デスク)に直ちに知らせなければなりません。


07085 ソウル特別市 銅雀区 銅雀大路 1ギル15


電話 : 02-588-2000   |   ファックス : 02-595-7900

メール : reservation@karashy.net


대표자 : 권철희   |   사업자등록번호 : 409-88-01164

통신판매 신고번호 : 제2017-서울동작-0011호


CONTACT US   |   개인정보 취급방침   |   宿泊約款

ⓒ 2019 HOTEL KARASHY ALL RIGHTS RESERVED.